51t2dXZiKBL

LGBTってなんだろう?–からだの性・こころの性・好きになる性

LGBTは、20人に1人いるといわれており、その子どもたちは、毎日、不安に押しつぶされそうになりながら生活しています・・・

タイトル

LGBTってなんだろう?–からだの性・こころの性・好きになる性

著者

薬師 実芳
古堂 達也
小川 奈津己
笹原 千奈未

出版社

合同出版

レビュー

LGBTは、20人に1人いるといわれており、体育やプール、制服、行事、友だち関係、カミングアウト・・・
LGBTの子どもたちは、毎日、不安に押しつぶされそうになりながら生活しています。

そんな時、身近に一人でも相談できると思える人がいるというのは、何にも換えがたい、何よりも彼らの力になるのです。

本書はLGBT当事者の生の声が多数収録されており、学生の声と言うことで、教職員を始め数多くの方々がLGBT当事者に対して聞くに聞けない疑問に思っているホンネが、詳しく書かれています。

なかでも、LGBTが学齢期に困りやすいことを項目にわけ、50人のLGBTの学生の声をもとにくわしく解説し、分かりやすくアドバイスしてくる構成は、LGBTやセクシュアルマイノリティに関して知識がある人もない人も、読み易いのではないかと思います。

反対に学術的な知識や専門性はあまり収録されていませんが、当事者学生の声を中心に作られた本書は一見の価値アリですね。



もしよければ『ぽちっ』っとお願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>