51z1akk2s3L

悲歌 (角川文庫)

先生、あなたはなんという呪いをかけられたのですか?あなたの大切な者すべてを三角形の綴じ糸でほどけぬように縫い付けて、それぞれの愛を禁じるおそろしい呪いをかけたのは、一体何のためですか?

タイトル

悲歌 (角川文庫)

著者

中山 可穂

出版社

角川書店(角川グループパブリッシング)

レビュー

『先生、あなたはなんという呪いをかけられたのですか?あなたの大切な者すべてを三角形の綴じ糸でほどけぬように縫い付けて、それぞれの愛を禁じるおそろしい呪いをかけたのは、一体何のためですか?』

能楽に題材をとり、大枠を守りつつ現代風にアレンジして新しい物語に組み直した作品集です。

その中でも、「隅田川」というタイトルが、レズビアンの関係がある女子高生カップルに焦点をあてた作品です。

時代は1990年代後半と言ったところでしょうか、手をつないでゲーセンに入ってきた女子高生のカップルが、カップルの顔写真で子供の顔の予想写真を合成するといった感じのゲームの前で立ち止まるところから、このお話は始まります。

また、当時はそこまで同性愛に対して風当たりも強く、外で触れ合うのはもちろん、カップルらしいことを外で出来ないような時
そこを起点とするお話の広がりは、作家の力量と言っても過言ではないのでしょうか。

少女たちの熱情とその父の謎・・・・現実と幻想の間を揺れ動くかのごとき結末は、これまでの中山可穂作品とは質を異にする味わいがあり、気になる人は読んでも損はない作品です。

他の2作品も毛色がまったく異なり、違った味わいで読者を引き込んでくれるはずです。ちなみに、男性から男性への報われぬ恋を含む、やるせない三角関係を描いた「蝉丸」は、甘い感じで結構好きな作品でした。



もしよければ『ぽちっ』っとお願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>