pink-dot-2015-800x450

シンガポールのホンリム・パークで2万8000人以上のLGBT関係者集まる『ピンクドット』がスゴイ

シンガポールで一年に一度開催される、協調性と多様性、そしてLGBTの権利を拡大するための集会で2015年6月13日2万8000人以上がシンガポールのホンリム・パークに集まり、ピンク・ドットを祝いました。

2015年6月13日2万8000人以上がシンガポールのホンリム・パークに集まり、ピンク・ドットを祝いました。

そもそも『ピンク・ドット』とは、シンガポールで一年に一度開催される、協調性と多様性、そしてLGBTの権利を拡大するための集会で、このイベントが始まったのは2009年から。
そのときには2500人だった参加者数が、2012年には15000人もの数にふくれあがったそうです。
そして今年のピンク・ドットは、2009年の初開催以来最も大規模なもになり、昨年は2万6000人の人が集まり、今年はそれから2000人増え2万8000人の人が増えました。

今年のテーマ「愛が生きる場所」は、LGBTの人々が直面している差別や偏見を払拭しようと進めてきた行動の成果を地域社会にも考えてほしいというものです。

そもそも、シンガポールは同性愛に厳しい国といわれます。
先月ではシンガポールでLGBTを支援するビデオ放送禁止になったり、さらに2015年6月12日、つまりピンク・ドット2015の前日、このイベントのビデオ広告を映画館で放送させてほしいという人々による請願を拒否。

ピンク・ドットのイベントの成功を喜ぶ一方で、シンガポールでLGBTの権利の拡大を進めることの難しさは、肯定せざるえません・・・

国民投票で同性婚が認められた国がある中、まだLGBTの権利が不利な国があるのは、なんとも言えまっせんね・・・



もしよければ『ぽちっ』っとお願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>