au by KDDI [XVÏ‚Ý]

KDDIが『同性愛パートナー』にも家族割引を適用へ

『家族割り』『学生割』世の中には色んな割引が存在しますが、今回『KDDI』が同性カップルでも家族割引を適用するとメディアで話題に!!

『家族割り』『学生割』世の中には色んな割引が存在しますが、今回『KDDI』が同性カップルでも家族割引を適用するとメディアで話題に!!

東京・渋谷区が同性間のカップルでも結婚に相当することを認める証明書を発行すると発表し話題となりましたが、通信大手のKDDIはこうした証明書があれば携帯電話などの家族向け割引料金を適用する方針を7月21日に固めたようです。

家族割や「auスマートバリュー」「データギフト」などが対象で、地方自治体の条例などで、同性とのパートナーシップ関係が公的な証明書で証明されば、自治体から証明書が発行され次第、パートナーシップの相手も対象サービスを利用できるというもの。

ソフトバンク・NTTドコモはすでに導入済み

KDDIはこれまで、家族を対象とした携帯電話などの割引料金を適用する場合、家族であることを証明するため住民票などの提出を求めていました。つまり、公的な証明書が発行されてこなかった同性間カップルは、割引きの対象外になっていたなか。

ソフトバンク・NTTドコモはすでに同じ住所に居住しているカップルを割引きと対象としており、KDDIもこれに続くものと見られます。

最後に

しかし、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーを認める動きが世界的に加速する中、それでもスポンサーや企業間では、まだまだLGBTに厳しい日本企業と言われ、「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」でもスポンサー問題は後を絶ちません・・・
それでも、このような形で徐々にですが、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーを認める声が少しずつでも認知が広まると良いですね。



もしよければ『ぽちっ』っとお願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>