PPC_1manensatu4mai500-thumb-750x500-1062

ゲイ男性は一般男性より収入が少なく、レズビアンの女性は一般女性よりも収入が多い!?

カナダ、マギル大学のショーン・ウェイト氏らの研究グループが、性分野の専門誌であるジェンダー・アンド・ソサエティー誌で『性的志向によって収入に格差があること』を発表。

カナダ、マギル大学のショーン・ウェイト氏らの研究グループが、性分野の専門誌であるジェンダー・アンド・ソサエティー誌で『性的志向によって収入に格差があること』を発表。

なぜレズビアンの女性はストレートの女性よりも収入が多い

結論から言うと、この収入の違いは、個人の性格、勤務時間、教育などによるものではありません。
雇用者や顧客はゲイの男性よりもストレートの男性と仕事をしたいという背景があるいっぽう、女性の場合には別の意味での差が生じています。

別の意味と言うのも、レズビアンの女性はストレートの女性よりも結婚と出産の可能性が低いため、仕事に熱心に取り組み、家族の問題に邪魔されることがないというもの。

たしかに、こう言われると「確かにそうかも・・・」と納得する部分は沢山ありますね。

最後に

教育レベルが高ければ、性的マイノリティ(ゲイ・レズビアン・バイセクシャル・トランジェスター)も収入の高い仕事に就けるのも確かです。
しかし、それでもゲイの男性とレズビアンの女性はストレートの男性よりも収入が少なく感じてしまうのも確かです。

今回の研究で沢山のことが明らかになりましたが、それでもゲイとレズビアンの経済生活に関する疑問は数多くあります。
それでも、少しずつ研究が進み、日本の職場でも性の問題に関心が高まれば、もう少し性的マイノリティにも生きやすい社会になるのではないでしょうか?



もしよければ『ぽちっ』っとお願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>