AFAZpEAJIQoMN4q_19760

小説のような実話『2年交際した“彼氏”の正体は女友達』!?

自分がレズビアンであることを分かっていながら、長年カミングアウトできなかった女友達とノーマルな彼女の実話

世の中には、「マジで!? そんなことがあり得るの?」と仰天してしまうような出来事が起こることがあります・・・
事実は小説よりも奇なりと言う言葉が昔からあるように、私達が体験していないだけで、不思議な衝撃的な体験は沢山あります。
某掲示板サイトなど、Q&Aなどでは『釣り』などと言われますが、このお話は実話だそうです。

全容はこちら

2013年、Aさんと呼ぶことにする匿名女性がFacebookでカイ・フォーチュンという男性と出会い、メールのやり取りから電話での会話に発展し、実際に会うことに。
しかし、カイさんは交通事故と脳腫瘍の手術で顔と頭に傷が残っており、会う時はAさんに目隠しして会ってほしいと要求。この時点で怪しさ満点なのですが・・・Aさんはデートの応じたとのこと。

こうして逢瀬を重ねるようになった二人は、ついに体の関係を結ぶことに!それだけでも驚きですが、その関係を2年も続けたというのだから驚きですよね・・・

そしてその行為中もAさんは、ずっと目隠しをしたままで、カイさんの顔を見ることはなかったんですが、何かがおかしいと感じていたAさんが思い切って目隠しを取ったところ、そこにいたのが彼女の女友達であるゲイル・ニューランドさんだったのです!!

ゲイルさんは性行為に及ぶ際、自分の胸を布で巻いて平たくしたうえで男性器を模した玩具を使用し、Aさんに男だと思わせていたとの事・・・う~ん、コレはなんとも・・・

『彼氏』が『彼女』!?この真相は?

ゲイルさんが別人になりすましてAさんと性的関係を結んだのは、自分がレズビアンであることを分かっていながら、長年カミングアウトできなかったからだとか・・・

そのあと、あまりの衝撃で打ちひしがれてしまったAさんですが、ゲイルさんを婦女暴行罪で訴えることになり、目隠しも性行為も合意の上で行ったことだが、”カイさんとの性行為に合意したのであって、ゲイルさんではない”というのが彼女の意見と言うことで、「こんな手口で騙されてしまった自分は、世間知らずだと思われてしまっても仕方ありません。ですが、当時は愛情に飢えていたんです」と述べていました。

映画のような、なんとも奇妙で不思議なお話ですが、ネット上で別人になりすました人物との疑似恋愛で、騙されるケースは数多く報告されているのは真実です。
レズビアンと言うことを隠していたゲイルさんですが、ちゃんとカミングアウトしていれば、まったく別のエンディングを迎えていたのでしょうか・・・



もしよければ『ぽちっ』っとお願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>