_1_image_size_372_x

レズビアン女優エレン・デジェネレスは語る「違うことは美しい」

アメリカの女優エレン・デジェネレスは5月16日、各分野で最も活躍したセレブリティや作品を発表する「TeenPeople誌」主催のイベント「ティーン・チョイス・アワーズ」のステージでこう語りました。

アメリカの女優エレン・デジェネレスは5月16日、各分野で最も活躍したセレブリティや作品を発表する「TeenPeople誌」主催のイベント「ティーン・チョイス・アワーズ」のステージでこう語りました。

「この賞に選ばれたことはうれしいわ。でも私の人生には、選ばれなかった時がありました」とデジェネレスは、観客に向かって語りかけた。「私は選ばれる側とは、反対の立場でした。なぜなら、私は違っていたからです。だから私は、みなさんに知ってもらいたい。『今あなたを(他の人とは)違う存在にさせているものは、いつか将来、あなたを際立たせるものだ』ということを。だから、人とは違うことを誇りに思うべきなのです。自分らしさに、誇りを持ってください」

57歳になる彼女は、妻である女優ポーシャ・デ・ロッシに、結婚7周年を迎えた感謝の気持ちを伝え、そして、自分が周りと合っていないと感じている人々を励ました。

「自分であることを受け入れること」

彼女はスピーチの後こう続け「最も大切なことは、まさにあなたが自分であることを受け入れることです。人と違うこと――ユニークであることは、本当に、本当に大切で、周りに合っているかどうかは全然問題ではないからです」
「ユニークであること、そして自分らしくいることです」と続けました。

人と違うことにコンプレックスを持ち、真実を語れないレズビアンの女性もいるかと思いますが・・・
人と違うことに恐れ、拒絶を嫌がり隠していては、社会にまぎれることは出来ても、人として成長できる部分は限られてしまう気がします。
他人にどう見られるかと言うより、自分がどう思うか・・・
他人と向き合うのではなく、自分に向き合う時間が必要な期がします。



もしよければ『ぽちっ』っとお願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>